普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




統合失調症家族や当事者の交流を 京都でカフェを初開催

統合失調症家族や当事者の交流を 京都でカフェを初開催
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20180128000046

かなり関心あり。
うつの診断から、次に統合失調症の診断に変わることが多いような気がする。
以前、友人が、うつは、死にたいとか、そんなふうに気持ちが落ち込む病気ではなく、頭の中が混乱したり、何をどうしていいか判断できなくなってしまう病気だと言っていた。それを思うと、うつから統合失調症へと移行するのは、ある意味、理にかなっている。

人は言葉で考える。そのためには、どれだけの言葉を獲得しているか、それが大事だと思う。
多くの言葉を自分のものにしていれば、混乱する可能性は少し減る、つまり、少し、うつにかかりにくくなるかもしれない。

[/psychology] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 2017.05.11 アドラー心理学が劇薬と言われる所以について 1/3