普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




日本はクジラ虐殺やめよ=IWC脱退再考求める—米紙 を読んで思うこと

日本はクジラ虐殺やめよ=IWC脱退再考求める—米紙 を読んで思うこと
時事通信 / 2019年1月1日 16時41分
https://news.infoseek.co.jp/article/190101jijiX541/

日本という国は、出来得れば、他国から尊敬していただけるような位置におりませんとかなりきつい。貿易立国だとか申している国は、他の国と深刻な諍いは避ける方がいい。
鯨について、これはもう絶対に譲れないという事情があるならまだしも、鯨そのものを食べたことがないし、という人の方が多い中、また、鯨以外に食べるものがないんだという切迫した状況にあるわけでもなく、ならば、IWCを脱退する方が理にかなっているかどうか、利にかなっているかどうか、少し考えればわかることで、居残って、IWC内部でぶつぶつ言っている方が断然よいわけだ。
多分、国民の多くがそう思っている、少なくとも鯨を食べた記憶のない人たちはそう思っているととしてもそれほど不思議ではない。
国民の意思と政治家の行動の齟齬は、お互いの断絶によるものであり、国民は政治に無関心であり、政治家は国民の言葉に無関心であるところに起因する。


この状況を打開するには国民、私的には市民と表現したいのですが、日常の世界において、政治を自由に語ること、くらいかなと思っていたりします。

[/pj/c003] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 日本人は悪い
  2. ジュースの自販機からおつりが多めにでてきた
  3. 38歳、女性右翼活動家がアメリカと断固闘い続ける理由 を読んで
  4. 渋谷区が先駆けるマクロン政治 弱者締め出し、公園を大手不動産会社に貸付 を読んで思うことなど
  5. 逃げるな
  6. 対全体主義