普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




渋谷区が先駆けるマクロン政治 弱者締め出し、公園を大手不動産会社に貸付 を読んで思うことなど

渋谷区が先駆けるマクロン政治 弱者締め出し、公園を大手不動産会社に貸付 を読んで思うことなど

2018年12月31日
http://tanakaryusaku.jp/2018/12/00019365

区役所がそれを出来るというのは、それをしても自分たちが困るほどの批判は来ないだろうと確信しているからだろうなぁと思います。区民の比較的多くの人が、区役所の行為を支持まではしなくとも、内心では受け入れているかもしれない。
つまりは、自分の近くに、公園でしか生活できない人たちにいてもらいたくない、ということです。
ただ、その社会を受け入れるということは、うっかり一度落ちてしまったら、頭の上に蓋をされて這い上がれないということです、仕事の失敗もあれば、病気で働けなくなった、それが即弱者締め出しとなり、追い出されていく側に立つということです。
そうなる可能性が多くの人にある、その可能性に思いが至らない、想像力の欠如と自己評価の欠如によるものかもしれません。

[/pj/c003] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 日本人は悪い
  2. ジュースの自販機からおつりが多めにでてきた
  3. 38歳、女性右翼活動家がアメリカと断固闘い続ける理由 を読んで
  4. 逃げるな
  5. 対全体主義