異形漣 四話

血だらけになった男を仰向けに寝かせ、幸は豊饒の歌を囁きながら、その体に両手を入れる、男の体は液体になったかのようにその両手を受け入れていく。
一心不乱になった幸の表情は深く沈み、窓からの月明かりだけが幸の横顔を照らす。
大丈夫だよ、お父さん。
「入っていいか」
襖の向こうからなよが声をかけた。
「どうぞ」
幸が呟くように答える。なよは静かに入ると、後ろ手に襖を閉める。
そのまま、男の椅子に腰掛けると男を見つめた。
「深く眠っているようじゃな」
「うん。今のうちに切れた体をすべて繋ぐよ」
「幸。お前のその手はいったいどうなっておるのか、わしにすらわからんわい」
幸は少し大人びた笑みを目許に浮かべ、しかし、すぐに表情を消すと、その動きに専念した。なよはふと暗がりの中、幸が成長しているのに気が付いた。黒、か、黒よりも少し年上の女の子に幸が成長していた。
「なんともはや、面白い妹じゃ」
なよは呟くと、窓から空を見上げた。少しふっくらした上弦の月。
「姉として、ちぃとは手伝うてやろう」
なよが両手を月に向け、搦め捕るように指を動かす。白く輝く糸、月の光は紡ぎ上げられ、一本の糸となって足元を巡っていく。
糸が伸び、幸と男を白く淡く光で包み込んで行く。
「父さん、少し楽そうだ。ありがとう、なよ姉さん」
「わしとて、元は月人。この程度の芸当はできるわい。そう言えば、父さんも月の光を治癒に使うておったな。いくらか月人の血が父さんにも流れているのかもしれんな」
「かもしれないね」
幸が手を休めないまま、答えた。
「本家の先々代につれ去られて来た赤ん坊が父さんだ。出生の秘密を知っている先々代は出生のこと、一つもあかさず亡くなってしまった」
「少しくらい話せば良いのにのう」
「何か理由があったんだろうな。でも、幸にはどうでもいいこと、父さんは父さんだもの」
なよは穏やかに笑みを浮かべ、立ち上がった。
「皆が心配して、父さんに元気になってくれと祈っておる。代表して、わしが覗きにきたわけじゃ」
「大丈夫と伝えてください」
「承知した」
なよは答えると、襖を開け、入って来た時のように静かに襖を閉めた。

「なよ姉さん、どうだった・・・」
黒が心配げに顔を上げた。黒は沈んで、今にも泣き出しそうになっている。他の者も俯き肩を落としていた。
なよは、黒を心配がらせて楽しもうと思っていたが、その黒の様子に軽口を噤んだ。
「大丈夫。幸がそう言っておった」
黒は笑みを浮かべると、腰が抜けたように仰向けに倒れてしまった。
「なんじゃ、どうした、黒」
「なんだか、力が抜けて」
仰向けになったまま、涙を流す。笑顔を浮かべたまま、黒が涙を流した。
「良かった」
なよは足先で黒の脇腹を小突くと、呆れたように笑った。
「黒。今晩はゆっくり眠れ、その間の抜けた顔のままな」
なよはあさぎに向き直ると声を掛けた。
「あさぎ。ご飯が残っておったろう、夜食じゃ、おむすびを作ってくれ。腹が減ったわい」
「はい。すぐに作って来ます」
あさぎも安心したのか元気に答えた。白と三毛も元気に立ち上がると、あさぎについて台所へ向かった。黒もばたばたと立ち上がる。
「食べる、黒も夜食食べるよ」
「黒。お前も手伝って来い」
「う、うん」
黒の走って行くのを小夜乃はほっとした笑顔で眺めた。
「なよ母様」
「どうした、小夜乃」
「今の母様は百点満点です」
「生意気言うでないわい」
なよがくすぐったそうに笑った。
「さて。あかね、漣」
「はい」
「徹夜になるぞ。交替で祈れば、幸の助けになるからな」
なよは漣を見て言った。
「漣は知らんじゃろうが、ま、師匠の親じゃ、一緒に祈ってくれ」


「みんな、寝ちゃったよ。なよ姉さんまでぐっすり」
幸は寝ている男の耳元に顔を寄せ、囁いた。
「疲れたんだろうね」
男はまったく反応せず、目を閉ざしたままだった。口元に指先を近づけると、微かに呼吸をしているのがわかる。
「お父さんがいない間、鍾馗の一族のね、女の子を預かったよ」
反応のない男に幸はひたすら言葉を掛け続けていた。
「真っすぐな子だった。術を授けてやって欲しいってねことだった。だからね、教えているよ、もうすぐ黒に近づくと思う」
そっと幸は男の頬に手を添えた。
「お父さん、幸は元の姿までは戻れなかったけど、多分、お父さんと初めて会った時くらいまでには成長したよ。いままで、せっかく、育ててくれたのにまた小さくなってごめんね。もう一度、幸を育ててね、でも、二回目だもの、幸は前よりしっかりしたよ。自分を見失って泣いたりしないよ」
幸は月明かりの中、男をじっと見つめた。
「お願いです、お父さん。目を覚ましてください」
幸の瞳から大粒の涙がこぼれた。
「もう一度、お父さんの声が聴きたいよ、一緒の笑いたいんだよ、お父さん」
幸が瞬きもせず、男の顔を見つめる。
微かに男の口元が動く。男が小さく幸と呟いた。
「お父さん」
男はゆっくりと目を開くと、幸を見つめて微かに笑みを浮かべた。
「幸、ありがとう」
男は一言発するだけでも体力を大きく消耗してしまうのだろう、目をつぶる、でも、微かに笑みを浮かべた。
幸は男の手を両手でしっかり握った。
「幸の手は小さくて華奢なのに、あったかくて、力強くて、なんだか安心してしまうよ」
男が目を瞑ったまま笑う。
「お父さん。お帰りなさい」
幸は涙で声にならない声をしゃくり上げる。
「ただいま」
男は小さな声でゆっくりと答えた。
白に車椅子を押され、男は漣に稽古をつける幸の姿を眺めていた。
この車椅子は元々佳奈のお祖母さんが使っていたらしい、黒が思い出して借りて来たのだった。
白はうっとりとこの現状を受け入れていた、父を看護するために医師となった私、父をひたすら支えながら、生きて行くことを選んだのだ。あぁ、なんて、健気なのであろう。
「なぁ、白。父さんね、車椅子は無しでいいよ」
「だめです」
「困ったねぇ」
男は少し笑うと、車椅子に背を預けた。
まだ、歩くには充分でないが、どうも、人が背中に居るのは落ち着かない。松葉杖なら歩けるだろう。
「幸母さんからも二日間は歩かせてはだめって言われています」
男の考えを察したように白が言う、仕方なさそうに男は笑みを浮かべた。
「厳しい主治医だなぁ」
男が帰って来た次の朝のことだった。

漣は無の話を子供の頃から聞かされていた、小さな子供の頃は、いたずらをすると無に連れ去られてしまうぞとか、頭からむしゃむしゃ食べられてしまうぞと脅されたものだった。だから、いま、こうして車椅子に背を預け、笑みを浮かべている男がその無であるとが信じ切れずにいた。
でも、幸師匠の父なら凄い能力者なのかもしれない。
ふと男は漣の視線に気づくと、声を掛けた。
「君が漣だね。昔、鍾馗の国に行ったことがあるよ。ちょうど、君が生まれて、国はお祭り騒ぎだった」
「それじゃ、お父さん。漣ちゃんの本当の名前を知っているんですか」
驚いて、白が男に訊ねた。
「漣じゃないのかい。さんずい偏のさざなみという漢字だ」
驚いて、白が漣を見つめた。
「なよも知っているだろう。当時、なよたけの姫の特使もお祝いに駆けつけていたからね」
漣は戸惑いながら白に打ち明けた。
「始め、術師の方に名前を知られるのが怖くて名乗らなかったのですが」
「術師に本当の名前を知られるのは危険だし。でも、そういうことは」
白が男に振り返った。
「うひゃぁ。凄いですよ、お父さん」
「ん、どういうことだ」
「白は初めて漣ちゃんに会った時に、漣という呼び名を思いついたんです。あ、幸母さんも知っていたんですね」
幸は振り返るとにかっと笑った。
「知ってたよ」
「もう、幸母さんってば。早く教えてください」
白が興奮して、漣の手を握り締めた。
「漣ちゃんと白は縁があります。これからも友達です、いいえ、姉妹ですよ」
漣が照れたように笑みを浮かべた。
「これからもよろしく。白さん」
白はとびきり上等の笑顔を浮かべた。
「さて。そろそろ、漣を返してくれ。まだ、修行の途中だ」
「わかりました。お父さん、家に戻りますよ」
白が男の車椅子を押す。
「あ、あのね。お父さん」
幸が男に声をかけた。男が振り返ると、幸がそっと笑みを浮かべた。
「お父さん。二日間は無理しないで幸の言うこと、聴いてね。無理しちゃやだよ、ね」
男は頷くと、少しいたずらげに笑った。
「心配してくれてありがとう」
幸は思わず駆け出すと、男を抱き締めた。
「お父さん。帰ってきてくれてありがとう」
幸の声が震えていた。
「幸は柔らかくて、暖かいな」
男がそっと呟いた。

男が家に戻った後も、幸は男を見送っていたが、漣を思い出し、振り返った。
「悪いな、漣。漣が自分の父さんを思い出して悲しくならないようにと、お父さんに甘えるの我慢していたんだけどな。なんだかさ、お父さんでもう頭の中がいっぱいになってしまってさ」
「あ、あの。いいえ。私はまだいっぱい覚えなきゃならないことがありますし。それに、父さんのこと、好きですけど、それほどには」

Path: /shousetu/igyouren | Link Edit
ひとつ前の記事: 異形 漣 三話
ひとつ次の記事: 異形漣 五話


最近の同じ項目の記事です

  1. 異形漣 四話
  2. 異形漣 五話
  3. 異形 漣 三話
  4. 異形 漣二話
  5. 異形 漣 竹林にて
  6. 異形 漣一話

なみゆい


googleは、あまり好きではないのですが、google翻訳を利用しています。

search



Advanced Search




目次


異形

異形 流堰迷子は天へと落ちていく

異形 雨夜閑話

異形 月の竹 眠るモノ

異形 撃

異形 漣

異形 月の糸

遥の花 藍の天蓋


RSS

最近の記事


May 2017 (57)



リンク