異形漣 四話

血だらけになった男を仰向けに寝かせ、幸は豊饒の歌を囁きながら、その体に両手を入れる、男の体は液体になったかのようにその両手を受け入れていく。
一心不乱になった幸の表情は深く沈み、窓からの月明かりだけが幸の横顔を照らす。
大丈夫だよ、お父さん。
「入っていいか」
襖の向こうからなよが声をかけた。
「どうぞ」
幸が呟くように答える。なよは静かに入ると、後ろ手に襖を閉める。
そのまま、男の椅子に腰掛けると男を見つめた。
「深く眠っているようじゃな」
「うん。今のうちに切れた体をすべて繋ぐよ」
「幸。お前のその手はいったいどうなっておるのか、わしにすらわからんわい」
幸は少し大人びた笑みを目許に浮かべ、しかし、すぐに表情を消すと、その動きに専念した。なよはふと暗がりの中、幸が成長しているのに気が付いた。黒、か、黒よりも少し年上の女の子に幸が成長していた。
「なんともはや、面白い妹じゃ」
なよは呟くと、窓から空を見上げた。少しふっくらした上弦の月。
「姉として、ちぃとは手伝うてやろう」
なよが両手を月に向け、搦め捕るように指を動かす。白く輝く糸、月の光は紡ぎ上げられ、一本の糸となって足元を巡っていく。
糸が伸び、幸と男を白く淡く光で包み込んで行く。
「父さん、少し楽そうだ。ありがとう、なよ姉さん」
「わしとて、元は月人。この程度の芸当はできるわい。そう言えば、父さんも月の光を治癒に使うておったな。いくらか月人の血が父さんにも流れているのかもしれんな」
「かもしれないね」
幸が手を休めないまま、答えた。
「本家の先々代につれ去られて来た赤ん坊が父さんだ。出生の秘密を知っている先々代は出生のこと、一つもあかさず亡くなってしまった」
「少しくらい話せば良いのにのう」
「何か理由があったんだろうな。でも、幸にはどうでもいいこと、父さんは父さんだもの」
なよは穏やかに笑みを浮かべ、立ち上がった。
「皆が心配して、父さんに元気になってくれと祈っておる。代表して、わしが覗きにきたわけじゃ」
「大丈夫と伝えてください」
「承知した」
なよは答えると、襖を開け、入って来た時のように静かに襖を閉めた。

「なよ姉さん、どうだった・・・」
黒が心配げに顔を上げた。黒は沈んで、今にも泣き出しそうになっている。他の者も俯き肩を落としていた。
なよは、黒を心配がらせて楽しもうと思っていたが、その黒の様子に軽口を噤んだ。
「大丈夫。幸がそう言っておった」
黒は笑みを浮かべると、腰が抜けたように仰向けに倒れてしまった。
「なんじゃ、どうした、黒」
「なんだか、力が抜けて」
仰向けになったまま、涙を流す。笑顔を浮かべたまま、黒が涙を流した。
「良かった」
なよは足先で黒の脇腹を小突くと、呆れたように笑った。
「黒。今晩はゆっくり眠れ、その間の抜けた顔のままな」
なよはあさぎに向き直ると声を掛けた。
「あさぎ。ご飯が残っておったろう、夜食じゃ、おむすびを作ってくれ。腹が減ったわい」
「はい。すぐに作って来ます」
あさぎも安心したのか元気に答えた。白と三毛も元気に立ち上がると、あさぎについて台所へ向かった。黒もばたばたと立ち上がる。
「食べる、黒も夜食食べるよ」
「黒。お前も手伝って来い」
「う、うん」
黒の走って行くのを小夜乃はほっとした笑顔で眺めた。
「なよ母様」
「どうした、小夜乃」
「今の母様は百点満点です」
「生意気言うでないわい」
なよがくすぐったそうに笑った。
「さて。あかね、漣」
「はい」
「徹夜になるぞ。交替で祈れば、幸の助けになるからな」
なよは漣を見て言った。
「漣は知らんじゃろうが、ま、師匠の親じゃ、一緒に祈ってくれ」


「みんな、寝ちゃったよ。なよ姉さんまでぐっすり」
幸は寝ている男の耳元に顔を寄せ、囁いた。
「疲れたんだろうね」
男はまったく反応せず、目を閉ざしたままだった。口元に指先を近づけると、微かに呼吸をしているのがわかる。
「お父さんがいない間、鍾馗の一族のね、女の子を預かったよ」
反応のない男に幸はひたすら言葉を掛け続けていた。
「真っすぐな子だった。術を授けてやって欲しいってねことだった。だからね、教えているよ、もうすぐ黒に近づくと思う」
そっと幸は男の頬に手を添えた。
「お父さん、幸は元の姿までは戻れなかったけど、多分、お父さんと初めて会った時くらいまでには成長したよ。いままで、せっかく、育ててくれたのにまた小さくなってごめんね。もう一度、幸を育ててね、でも、二回目だもの、幸は前よりしっかりしたよ。自分を見失って泣いたりしないよ」
幸は月明かりの中、男をじっと見つめた。
「お願いです、お父さん。目を覚ましてください」
幸の瞳から大粒の涙がこぼれた。
「もう一度、お父さんの声が聴きたいよ、一緒の笑いたいんだよ、お父さん」
幸が瞬きもせず、男の顔を見つめる。
微かに男の口元が動く。男が小さく幸と呟いた。
「お父さん」
男はゆっくりと目を開くと、幸を見つめて微かに笑みを浮かべた。
「幸、ありがとう」
男は一言発するだけでも体力を大きく消耗してしまうのだろう、目をつぶる、でも、微かに笑みを浮かべた。
幸は男の手を両手でしっかり握った。
「幸の手は小さくて華奢なのに、あったかくて、力強くて、なんだか安心してしまうよ」
男が目を瞑ったまま笑う。
「お父さん。お帰りなさい」
幸は涙で声にならない声をしゃくり上げる。
「ただいま」
男は小さな声でゆっくりと答えた。
白に車椅子を押され、男は漣に稽古をつける幸の姿を眺めていた。
この車椅子は元々佳奈のお祖母さんが使っていたらしい、黒が思い出して借りて来たのだった。
白はうっとりとこの現状を受け入れていた、父を看護するために医師となった私、父をひたすら支えながら、生きて行くことを選んだのだ。あぁ、なんて、健気なのであろう。
「なぁ、白。父さんね、車椅子は無しでいいよ」
「だめです」
「困ったねぇ」
男は少し笑うと、車椅子に背を預けた。
まだ、歩くには充分でないが、どうも、人が背中に居るのは落ち着かない。松葉杖なら歩けるだろう。
「幸母さんからも二日間は歩かせてはだめって言われています」
男の考えを察したように白が言う、仕方なさそうに男は笑みを浮かべた。
「厳しい主治医だなぁ」
男が帰って来た次の朝のことだった。

漣は無の話を子供の頃から聞かされていた、小さな子供の頃は、いたずらをすると無に連れ去られてしまうぞとか、頭からむしゃむしゃ食べられてしまうぞと脅されたものだった。だから、いま、こうして車椅子に背を預け、笑みを浮かべている男がその無であるとが信じ切れずにいた。
でも、幸師匠の父なら凄い能力者なのかもしれない。
ふと男は漣の視線に気づくと、声を掛けた。
「君が漣だね。昔、鍾馗の国に行ったことがあるよ。ちょうど、君が生まれて、国はお祭り騒ぎだった」
「それじゃ、お父さん。漣ちゃんの本当の名前を知っているんですか」
驚いて、白が男に訊ねた。
「漣じゃないのかい。さんずい偏のさざなみという漢字だ」
驚いて、白が漣を見つめた。
「なよも知っているだろう。当時、なよたけの姫の特使もお祝いに駆けつけていたからね」
漣は戸惑いながら白に打ち明けた。
「始め、術師の方に名前を知られるのが怖くて名乗らなかったのですが」
「術師に本当の名前を知られるのは危険だし。でも、そういうことは」
白が男に振り返った。
「うひゃぁ。凄いですよ、お父さん」
「ん、どういうことだ」
「白は初めて漣ちゃんに会った時に、漣という呼び名を思いついたんです。あ、幸母さんも知っていたんですね」
幸は振り返るとにかっと笑った。
「知ってたよ」
「もう、幸母さんってば。早く教えてください」
白が興奮して、漣の手を握り締めた。
「漣ちゃんと白は縁があります。これからも友達です、いいえ、姉妹ですよ」
漣が照れたように笑みを浮かべた。
「これからもよろしく。白さん」
白はとびきり上等の笑顔を浮かべた。
「さて。そろそろ、漣を返してくれ。まだ、修行の途中だ」
「わかりました。お父さん、家に戻りますよ」
白が男の車椅子を押す。
「あ、あのね。お父さん」
幸が男に声をかけた。男が振り返ると、幸がそっと笑みを浮かべた。
「お父さん。二日間は無理しないで幸の言うこと、聴いてね。無理しちゃやだよ、ね」
男は頷くと、少しいたずらげに笑った。
「心配してくれてありがとう」
幸は思わず駆け出すと、男を抱き締めた。
「お父さん。帰ってきてくれてありがとう」
幸の声が震えていた。
「幸は柔らかくて、暖かいな」
男がそっと呟いた。

男が家に戻った後も、幸は男を見送っていたが、漣を思い出し、振り返った。
「悪いな、漣。漣が自分の父さんを思い出して悲しくならないようにと、お父さんに甘えるの我慢していたんだけどな。なんだかさ、お父さんでもう頭の中がいっぱいになってしまってさ」
「あ、あの。いいえ。私はまだいっぱい覚えなきゃならないことがありますし。それに、父さんのこと、好きですけど、それほどには」

漣が素直に困惑して答えた。

「どうじゃ。具合は」
なよはかじっていた煎餅を飲み込むと、男に訊ねた。台所、黒があさぎにタコ焼きのタネの作り方を教わっていた。
「随分、いいよ。優秀な先生が居てくれるからね」
男の言葉に白が満足げに笑顔を浮かべた。
なよも笑うと、テーブルの煎餅に手を伸ばす。
「ほんに女は大変じゃ。男の我儘に振り回されてあたふたせねばならん」
「みんなに迷惑かけたね」
「あかねの機転がなければ、父さんと幸とわしは地面に激突じゃ。いま、思うても足がすくむわい」
「幸に聴いたよ。ありがとうとしか言いようがないよ。あさぎ」
「はい」
あさぎが手を止め、振り向く。
「大声で呼んでくれたんだね。ありがとう」
あさぎが照れたようにくすぐったそうに笑った。
「黒と白と三毛は受け止めてくれて、小夜乃も大声で呼んでくれた。これは当分、頭が上がらないな」
「漣もあかねと一緒に布団を積み上げて大声を上げておったぞ」
なよが付け加えると、男は微かに視線を落とし、テーブルを見つめた。
「父さんも煎餅を食うか」
男はふっと笑みを浮かべると、顔を上げた。
「白先生が許してくれそうにないよ。それに、一人で手洗いに行けるようになるまではあまり食べたくないなぁ」
「なるほど、困った患者じゃ」
なよが笑った。
「白、お前も父さんの後ろに立たず、テーブルに座れ。後ろに立たれては、父さんも落ちつかんわい」
慌てて白も車椅子の横の椅子に座った。
「幸から、この一カ月のこと、聞いたか」
なよが男に訊ねた。
「テレビに出たことも聞いたよ」
「そうですよ、黒姉ちゃんだけ。白も出たかったのに御留守番だったんですよ」
男は笑うと白の頭をなでた。

「留守番は大事だよ。白まで出掛けたら結界が弱まってしまうからね。白は幸の娘なんだから」
白が満足そうに頷いた。
「あの一件で、この国が鬼の支配下に陥るのは、なしくずしにだが防げた、当分はな」
「あぁ、当分はね」
男は頷くと、思案げになよを見つめた。
「鬼の世界は、鬼と角の無い鬼と鍾馗の三者が互いに制することで安定していた。その安定が崩れたのは人が鬼と結託したからだろう」
「日本の支配者層の一部は古より鬼と深い交流があった。いや、鬼に隷従しておった。それを考えれば、いずれはこのような状況になったであろうな」
なよが煎餅の粉を払うように両手を振った。
「父さん、どうするな。このままじゃと、いずれはこの国、鬼の支配下になるぞ」
男は目を瞑ると微かに息を吐く。
「なんていうかな。父さん、若い頃、随分とね、鍾馗に悪さをしたんだ、なよも噂くらいは聞いただろう。だから、鍾馗には負い目がある。それにね、佳奈さんや皆が、普通にね、暮らせる社会の方がいいな」
男は目を開けると、柔らかに笑みを浮かべた。
「ま、そいうことだ」
男の言葉になよは満足げに頷いた。
「それでこそ、わしの父さんじゃ」
「認めてくれてありがとう」
男がいたずらげに笑った。

漣と三毛が闘っていた。お互いの攻防を紙一重で躱して行く。
三毛の蹴りが漣の顔面を薙ぎ払う。漣が蹴りに吸い込まれるように顔面で受ける、その寸前、漣が沈み、三毛の軸足を崩す。
三毛の軸足がふわりと浮かんだ、瞬間の体軸の変化だ。幸が漣の背後に回り、背中を軽く押す。弾かれたように漣が前進し、その左手が浮かぶ三毛の顎に触れた。
瞬間、あかねが三毛の足元に潜り込むと、三毛の膝の裏を軽く肩で押す。三毛の膝が緩み、上体が反ることで漣の左手から逃れた。

四人の攻防と補佐に、目を見張るように、小夜乃がその様子を見ていた。
「凄いね、実朝。小夜乃もあんなふうに動けたら外の世界で夕飯のお買い物も御手伝いできるのかなぁ」
小夜乃が肩に乗る実朝に話しかける。実朝が少し困ったかのように小首を傾げた。
小夜乃の隣、まるで始めからいたかのように幸乃が現れた。
幸乃が柔らかに笑みを浮かべる。
「幸乃様」

「小夜乃は強くなりたいの。実朝が助けてくれるから、強くなくても大丈夫でしょう」
「いいえ。助けてもらえることを当たり前に思うのは嫌いです」
幸乃は嬉しそうに微笑むと、四人の動きを眺めた。
「小夜乃はあの子達の動きが見えるのですね」
「はい」
幸乃が小夜乃に振り返り言った。
「小夜乃には眼の良さと勘の良さがあります。もう少し待ちなさいな」

あたふたと台所にあかねと三毛、小夜乃も戻ってきた。
「おう、どうした」
「なよ姉さん、幸母さんが家に戻ってなさいって」
三毛が答えた。
「幸姉さんは特別な稽古を漣につけるつもりなのでしょう」
あかねは空いた椅子に座ると、御煎餅を一枚取る。
「どんな稽古なんだろう」
三毛が好奇心旺盛に言う。
「お父さんは知っているの」
「知っているというか、わかってるよ」
「見たらだめかなぁ」
「だめだよ。本当は幸もその稽古はつけたくないんじゃないかな。でも、これからの漣には必要な稽古なんだ。とっても、辛い稽古なんだよ」
男は哀しげに笑みを浮かべると、白に言った。
「白、珈琲、だめかな。ちょっとだけ」
「はい、だめです」
にこやかに答える。
「白は厳しいなぁ」
「お父さん、あーんして」
あさぎの隣にいた黒が振り返り、男に声をかけた。瞬間、黒が投げた、男の口の中、
「お、珈琲飴か」
「お父さん、それで我慢してください」
黒が楽しそうに笑った。
「もう。黒姉ちゃんは甘いんだから」
「お父さんと姉ちゃんはインスタントラーメン仲間だからね、助け合うのさ」

梅林の中央、幸は漣の前に座ると、少し見上げた。
「随分強くなったのが自分でもわかるだろう」
連は慌てて、正座をすると額を地面にこすりつけた。
「ありがとうございます」
「顔を上げてくれ。幸は人に頭を下げるのは嫌いだけど、下げられるのはもっと嫌いなんだ」
連は跳ね上がるように頭を上げた。
幸はくすぐったそうに笑みを浮かべると、小さく吐息を漏らした。
「今の漣なら、大勢の鬼が向かってきても制することが出来るだろう、娘達に教えたのもここまでだ。ただ、漣にはもう一段階、教えておくべきかと思う」
「もう一段階」
「あぁ、ごく単純なことだ、向かってくる奴を殺すってことさ」
幸は立ち上がり、両手でお尻の砂を払う。
「立て。漣」
「はいっ」
幸の前に漣が直立不動になる。
「自在を出して、構えろ」
ふわっと、漣の右手に自在が現れ、幸に向かって、中段に構えた。隙を誘うのではなく、絶対的な防御の姿勢だ。
幸が右手を横に伸ばした、指の先にはもう一人、幸が立っていた。次々と幸が現れ、漣を大きく囲みだす。
唖然と漣は大きく眼を見開いてその様子を見つめていた。
「ちょうど、千人の幸が、漣、お前を囲んでいる。大サービス、一人ずつの攻撃だ、手加減もしてやるし、わかりやすい隙も作ってやろう。どういうことかわかるな」
「は、はい」
怯えたように漣が呟いた。
「二度は言わない、幸を殺せ」
一人の幸が漣に向かって駆け出す、悲鳴とともに、漣が自在の先を幸に向けた。
「漣、走れ。間合いを崩して、首を切れ」
漣が中段から、自在の下に潜りこむように姿勢を落とした。
「幸師匠、無理です」
もう一人の幸が漣の手の上から自在を握り、救い上げるように飛び込んできた幸の首を切り落とした。
「うわぁぁっ」
漣が悲鳴を上げた。首の落ちた体が二、三歩走り、地面に崩れた、首から血が噴出す。
「休んでいる暇はないぞ。次は心臓を打ちぬけ」
「はいっ」
悲鳴とも返事ともつかない声を漣が張り上げた。


「始まってしまったか」
男が小さく呟いた。
「きついことをするのう」
なよが俯く。
男が深く溜息をついた。

「命を奪っているんだ。そいつのこれからの未来というのを奪っている、それがどんなものであってもな」
「はいっ」
漣が返事をすると同時に、幸の眉間を割る。
骨の感触が腕から背中に伝わる、命を奪うというのは、これほど、おぞましいものなのか。
「恐怖や違和感を快感とするな、そのまま受け止めろ。傷を苦痛のまま受け入れろ」
「は、はいっ」
喘ぐ粋の中、漣が思いっきり返事をする、そうしなければ、気を失ってしまいそうになるのだ。
すいっと、最後の幸が漣の前に現れた。ぐっと、連は息を呑み、弾けるように幸の喉に自在を突き立てた、ふわっと幸はそれを流すと漣の後に回り込み、そのまま、連に尻餅をつかせた。
「本体は勘弁してくれ。まだまだ、お父さんに甘えたりないんだ」
にいぃっと幸が口元を歪ませ、笑みを浮かべた。
「どうだ、漣、楽しかったか」
漣が首を横に振った。
「辛いです、とても辛いです」
「それでいい。命を奪うってのは大罪だ」
幸は後ろから漣をしっかり抱きしめた、そして、頬を漣の頬に寄せる。
「漣、お前は鍾馗の救世主となり、その国と地位を取り戻すだろう。だか、平穏な時代になれば、漣、お前の居場所はそこにはない。強くなりすぎた」
微かに漣の体が震える。
「泣くな。ことが済むまで泣くな。泣けば決意が緩んでしまうぞ」
漣が歯を食いしばる。
「いつか、漣、ここに帰ってこい。幸の妹としてここで暮らせ。畑仕事をし、ヤギや鶏の世話をしよう。あさぎ姉さんの店でアルバイトをしよう。物産展で声張り上げて売り子をしよう」
漣がしっかりと幸の腕を握った。
「ありがとう、幸お姉ちゃん」
漣が眼を瞑ったまま、囁いた。

男が戻ってから三日が経ち、男はふらつくこともあるが、ゆっくりと今までの日常生活を取り戻しつつあった。
自分の部屋、事務椅子に座る、ふっと息が漏れた。一カ月のこと、男は一切語らず、記憶も沈め炊いた。
窓から外を眺める、放し飼いにした鶏が草を啄んでいた。
男はゆっくりと娘たちの顔を思い浮かべる。単純率直に面白いなと思う、まさか、こんなふうに賑やかになるなど、思いもしなかった。自分の半生を思い起こして、幸せすぎると思う。
「お父さん、いいですか」
襖の向こうから白の声が聞こえた。
「どうぞ」
白が襖を開け入る。
「お加減いかが」
「白のお陰だ、とってもいいよ」
白が嬉しそうに笑みを浮かべた。
男が椅子を指さす。
「ごめんね。まだ、ものを掴むのが難しいんだ」
白は承知したと男の前に椅子を置くと、足を揃えて座った。
「白はまじめに学校に行っているのかい」
「通ってます」
「楽しいかな」
白が笑みを浮かべ頷いた。
「でも、いま、ちょっと浮いてしまってますけど」
「どうしたんだい」
「学級崩壊ですよ。騒ぐから、先生の声が聞こえないんです」
「話には聞いたことがあるよ」
「だから、白は、先生の声が聞こえねえだろう、静かにしろって怒鳴ったんです」
「なんだか、幸みたいだなぁ」
男が笑った。
「それで向かって来た男の子たちを軽くピンタしたら吹っ飛んでしまって」
「白は確かに幸の娘だね」
「そして、お父さんの娘でもあります」
白が言葉を返した。
「なるほど。これは父さん、責任重大だ」
楽しそうに男が答えた。
白が幸せそうに柔らかな笑みを浮かべる。
「さて。お昼は畑に机を出しての、お外ご飯です。あさぎ姉さん渾身のお昼ごはんですよ」
「それは楽しみだ」
男の笑顔につられるように、白が声を出して笑った。
「お父さん」
「ん」
「帰って来てくれて、ありがとう」
「どう致しまして」
男も楽しそうに笑った。

 

 

Path: /shousetu/igyouren | Link Edit



異形漣 五話

各駅停車の電車、七人がけの椅子の中程に、漣、その両脇を幸とあかねが座った。
約束の日の一日前の朝、三人は本家へと向かっていた。
「幸姉さん。漣さんを返すのは明日なのに、どうして」
「明日じゃ、間に合わないからね」
幸は本家の方角を眺めると、にぃぃっと笑った。
「相変わらずの当主だなぁ」
恐縮したように漣が言った。
「幸師匠。こんなにしてまでいただき、申し訳ありません」
幸は気楽に笑うと背もたれに背を預けた。
「本家の不手際だ。幸はこれでも当主の姪だからな」
あかねが不思議そうな顔をした。
「あのおっさん。なにかしでかしたのですか」
「した」
幸は一言言うと、目を瞑った。

当記事の続きをどうぞ

Path: /shousetu/igyouren | Link Edit



異形 漣 三話

漣は驚いて、その光景に見入っていた。
幸が蹲って泣いていた。
「お父さんのお茶碗、割れちゃったよ」
黒さん達から母さんと呼ばれる美少女、こんな綺麗な女の子、見たことがない、それでいて、男っぽい言葉に自信に満ちた眼差し。
父さんよりも遥かに強い、いや、桁が違い過ぎる。

「うるさいわ、静かにせい」
なよは幸の頭をはたくと、呆れ顔で言った。
「わしの気に入りの湯飲み。黒の丼茶碗、店の客用の珈琲カップセット。次々と割ってしまいおって。これだけ割れば、不吉もなんもあるか」
なよは怒鳴ったが、深く溜息をつくと、おろおろと見つめていた黒を手招きした。

当記事の続きをどうぞ

Path: /shousetu/igyouren | Link Edit



異形漣 四話

血だらけになった男を仰向けに寝かせ、幸は豊饒の歌を囁きながら、その体に両手を入れる、男の体は液体になったかのようにその両手を受け入れていく。
一心不乱になった幸の表情は深く沈み、窓からの月明かりだけが幸の横顔を照らす。
大丈夫だよ、お父さん。
「入っていいか」
襖の向こうからなよが声をかけた。
「どうぞ」
幸が呟くように答える。なよは静かに入ると、後ろ手に襖を閉める。
そのまま、男の椅子に腰掛けると男を見つめた。
「深く眠っているようじゃな」

当記事の続きをどうぞ

Path: /shousetu/igyouren | Link Edit



異形 漣 竹林にて

両腕を組み、鼻歌など口ずさみながら竹林の小径を歩く。
黒と三毛を従え、なよはにかっと嬉しそうに笑みを浮かべた。
「あさぎが作ってくれた弁当に日本酒、言うことないのう」
三毛が辺りをうかがいながら、なよに言った。
「なよ姉さんはお気楽すぎます」
「三毛の生真面目にも困ったもんじゃ。青い空、小春日和の風、沢山の敵、言うことないではないか」
「でも、なよ姉さん」
黒が気配を探ろうと半眼のまま、囁いた。
「かなり強いよ。数え切れないくらいだ」
「惑わされるな、黒」
なよは一升瓶を掲げ、空の青を映す。

当記事の続きをどうぞ

Path: /shousetu/igyouren | Link Edit



異形 漣二話

梅林の中央、幸は漣を見上げると、にっと笑った。
「本当に漣の親父が望んでいるのかどうかは知らない。しかし、約定の言葉は交わした。これは、絶対だ。漣、修行を途中で挫折することは許さない、いいな」
緊張した面持ちで連が頷いた。
「漣、横に立て」
幸は漣を見上げた。
梅林の緑が日差しを青に染める。
心地よい風が流れていた。
「舞を教える。動きの要、全てを内包した舞だ」
ゆっくりと漣の体が動きだした。
「か、勝手に体が動きます」
「漣の神経に干渉している。時間があればじっくりと見取り稽古をしたいところだけれど、時間がないからな。体の動くままに動いてみろ」
「はい」

当記事の続きをどうぞ

Path: /shousetu/igyouren | Link Edit



異形 漣一話

「しょうがないな、出るか」
深夜、幸は呟くと椅子から立ち上がった。
夕食の後、鬼紙家から遣わされた車に鬼紙老と津崎かなめを載せ、あかねはどうしようかと少し迷ったようだが、万が一のため、一緒に乗り込み送っていくこと にした。
三人が帰った後、片づけを手伝い、幸は男の部屋で時間を過ごす。

襖を開ける、廊下を渡り、幸が寝間を覗き込む。啓子が大いびきをかいて眠っていた。
「あやつは蓄膿症の気味があるようじゃのう。小夜野も早めに寝てよかった、奴よりも後に寝ようとすれば、到底、眠れそうにないわ」
背後から、なよが気楽に笑った。

当記事の続きをどうぞ

Path: /shousetu/igyouren | Link Edit



なみゆい


googleは、あまり好きではないのですが、google翻訳を利用しています。

search



Advanced Search

Page 1 / 1 :  1



目次


異形

異形 流堰迷子は天へと落ちていく

異形 雨夜閑話

異形 月の竹 眠るモノ

異形 撃

異形 漣

異形 月の糸

遥の花 藍の天蓋


RSS

最近の記事


May 2017 (57)



リンク